コラム

 公開日: 2016-10-17 

事業承継税制とは?

中小企業の事業承継を円滑に進めることを目的として、平成20年5月に経営承継円滑化法が成立しました。

この法律に基づき平成21年4月より施行された「相続税の納税猶予制度」及び「贈与税の納税猶予制度」をあわせて、「事業承継税制」と呼ばれています。

この制度は、中小企業の非上場株式等が世代間で承継される際に大きな税負担を伴うことがないように、相続税や贈与税の納税猶予をはかって中小企業の事業存続を支援するというものです。

どんなメリットがあるの?

事業承継税制のメリットは、同族会社の株式を事業承継する人が相続する場合に、自社株の一定数にかかる相続税の80%が納税猶予とされ、一定の要件のもと一定数にかかる贈与税の全額が免除される点にあります。

このメリットを受けるためには、雇用維持などの条件を満たす必要があります。

といっても、承継後に事業を縮小した場合など、要件を満たさなくなった例も少なくありません。そのような場合でも、猶予されていた税額と利子税0.9%程度の納付で済むことから、この手法を利用して次世代に承継させることができれば、猶予税はそのまま免税で大きなメリットを得ることができます。

知っておきたいデメリット

事業の継続には、形式的に会社の名前を残すだけでなく、承継後5年間は平均して雇用の8割以上を維持するという条件があります。

そのため、景気のあおりで業績が変動した場合でも雇用維持をしなければ、特例の適用が終了してしまいます。業績が変動してリストラをしなければいけない時は、会社の資金繰りに苦労をしていることが予想されます。そんな時に、会社の経営者でもある株主自身に猶予されていた相続税の負担が課せられる、といったことがデメリットと言えるでしょう。

もう一つのデメリットとして、この事業承継税制とは、あくまでも株式会社に関する制度であるという点です。株式会社ではなく個人事業であった場合は、世代交代などをする際には、個人事業主であった人が、廃業届を出す必要が生じます。そして、事業を引き継ぐ人が新たに開業届を出すことになるので、株式会社とは異なります。

平成27年以降の取り扱いが見直し。より活用しやすい制度に

【事前確認が不要に】
平成25年3月までは、この制度を利用したい場合には、事前に経済産業大臣の認定を受ける必要がありました。しかし、同年4月からは事前確認をしなくても認定申請が可能になりました。

【後継者の引き受け手が拡大】
親族以外を後継者とする場合についても納税猶予制度の適用が認められ、後継者の引き受け手が拡大したのも大きなポイントです。中小企業では高齢化が進み、後継者が育たないケースがあるほか、後継者にしたい人物が身内ではない場合もあり、経営者を悩ませてきました。

【役員を退任しなくてもよい】
これまでは、先代経営者が贈与税の納税猶予制度を利用したいときは、 役員を退任する必要があり、会社に残ることは認められていませんでした。
しかし、今回の改正では役員を退任しなくてもよくなり、先代経営者の持つ経験や知識をフルに活用して次期経営者を盛り立てていくことが可能となります。

他にも細かい取り決めはありますが、詳しく確認して上手に活用していきたいものです。

この記事を書いたプロ

東邦義税理士事務所/有限会社アズマ綜合ビジネス [ホームページ]

税理士 東大智

長崎県諫早市幸町32-8 [地図]
TEL:0957-23-0006

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
税理士でありながら、経営者としても活躍する東プロ

税理士と経営者、ふたつの表情を使い分ける新時代の担い手(1/3)

 東大智さんは、諫早生まれ、諫早育ち。現在は父・邦義さんが興した「東邦義税理士事務所」及び「アズマ綜合ビジネス」の副所長として精力的に活躍している若手税理士です。大学・大学院を卒業後、東京のコンサルティング会社に入社。当時、社員20名ほどだ...

東大智プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

「見える化」による組織経営の実践

会社名 : 東邦義税理士事務所/有限会社アズマ綜合ビジネス
住所 : 長崎県諫早市幸町32-8 [地図]
TEL : 0957-23-0006

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0957-23-0006

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

東大智(あずまだいち)

東邦義税理士事務所/有限会社アズマ綜合ビジネス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

決算直前検討会を終えて

依頼する前は、当期の決算予測や資金繰り、来期への注意点等...

BB
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【見える化】生産性UP!オフィス環境を変える!!
イメージ

当事務所では、かねてより、仕事がしやすい環境づくりを実践してきました。その一例がオフィスレイアウトの変更...

[ 見える化 ]

株式発行による資金調達のメリットデメリット

資金調達の方法は、銀行などからの「借り入れ」が一般的ですが、借りたお金のため返済義務があります。株式発...

[ 資金調達の基礎知識 ]

中小企業に適した資金調達方法の種類

事業を運営するにあたって、資金調達は最も重要な経営課題の一つと言えるでしょう。「資金調達」と一言で言っ...

[ 資金調達の基礎知識 ]

銀行からの融資の方法4つの種類

事業融資には、証書貸付・手形貸付・手形割引・当座貸越の4つの種類があります。事業融資は返済期間が1年以下...

[ 資金調達の基礎知識 ]

銀行からの資金調達方法と金融機関の特徴

一般的な事業資金の調達先として考えられるのは金融機関。しかし、どこに相談するかを考える際には、その使途に...

[ 資金調達の基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ