コラム

 公開日: 2013-10-12  最終更新日: 2014-08-01

プロポーズのズレ

コラム第4号のテーマは、「プロポーズのズレ」







第1号「男が結婚を決める理由」で少し触れた「プロポーズ」に関して書いていきます。

さぁ、「プロポーズ」と聞いて、皆さんはどんな言葉を想像しますか?

ストレートに「結婚しよう!」
シャイに「ずっと一緒にいてくれる?」
どこかで聞いた言葉「君の作ったみそ汁、毎朝食べたいな」

・・・などなど、それぞれに頭に浮かんでくる言葉があるでしょう。

新郎新婦のお二人との打合せの中で、
プロポーズに関してお話を伺うと、
驚くべき事実が判明!

それは、男女でプロポーズの言葉の認識に「ズレ」があると言うこと。

「プロポーズの言葉はありませんでした・・・」
そんな言葉を打合せの時に、良く女性側から聞く事があります。

よくよく聞いてみると、男性側からは、
「実はプロポーズ、しているんです。」との回答。

一体、どうなっているの?
どちらかが嘘をついている?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、どちらも嘘はついていないのです。
ただ、「プロポーズ」の言葉の「認識」が違うだけなのです。

「小さい頃の夢はお嫁さん」
こんな言葉も良く耳にしますよね。

それくらい、女性は幼い頃から「結婚」に憧れ、夢見ているもの。

お母さんや親戚のお姉さんの結婚式の写真や映像を見て、結婚に憧れ、
少女漫画やドラマを見ては憧れ、
友人の恋愛から結婚に至るまでの恋話を聞いては憧れ、
その延長で結婚式に出席しては憧れ...

と、こんな風に幼い頃から「結婚」に関する情報は
男性よりも遥かに多く仕入れているもの。

女性達は、数多くの事例から、

自分の時には「コレがいい!」と

最高のプロポーズの言葉やシチュエーションを夢見て
しっかりとイメージしているもの。

一方、日本の男性は、
イタリア男性のように愛の言葉を囁く事を習慣にしていないため、
照れくさい事もあり、女性が求めるようなロマンティックなシチュエーションを準備出来ず
(慣れておらず)、いつもの言葉と一緒のように伝えたり...

そんな訳で、
「思い描いていた理想のプロポーズと違う!」=「プロポーズをしてもらっていない!」
という女性少なくはないのです。
(中には、サプライズで、テレビドラマのようなロマンティックなシーンを準備して
女性を感動させてくれる王子様的男性もいらっしゃいます♡
もちろん、いつも通りの言葉でも、ちゃんと「プロポーズ」として受け止める女性もいますよ〜)


こんなタイプの女性を彼女に持つ彼にアドバイス!

やっぱり、日頃から「彼女の好み」に意識を向けておくこと。
きっと、何かしら、サインを送っているはず。

結婚式の後、「いいなァ」と話す会話の中に隠れていたり、
いつも読んでいる小説や雑誌にヒントがあったり。

彼女に内緒で、彼女のお友達に聞いてもいいかもしれません。


そして、大事なのは、やっぱりシチュエーション。
基本的に女性は「お姫様」に憧れるもの。
(だから、華やかな会場でドレスを着る結婚式は幸せそのもの♡)
ロマンティックに弱いのです。

デートの帰り道の車の中でも、彼のお部屋でも、星空の下の海辺でも、
ホテルの最上階から夜景を一望出来るレストランでも、どこでも良いのです。



せめて、「いつもと違う」雰囲気を感じ取れるシチュエーションを心がけてみてください。

プロポーズをする男性にとっても一大事でしょうが、
女性にとってプロポーズは、
人生の中で一生を決める「一大イベント」
!
(後にもっと大きなイベントがやってくるかもしれませんが、この時は最大なのです)

貴方の中のロマンチシズムMAXで臨んでみてください。

星空や夕陽、バラードやゆったりとしたジャズ、キャンドルの灯り、
海辺や夜景。。。などなど「女性が好みそうなロマンティック」アイテムを活用してみて♡


もしも準備出来るなら、
エンゲージリング(婚約指輪)があると、
受け取り側の認識や満足度が違うようです。





指輪と共に愛の言葉が贈られると、「コレッて、プロポーズ♡」と認識しやすく、

愛の言葉のみでリングがない場合は、
「プロポーズだったらリングがあるはずだから、この言葉はプロポーズじゃないよね?」
=「プロポーズはしてもらっていない」と言う認識であるとのデーターもあるようです。

男性の皆さん
プロポーズはとってもエネルギーが必要でしょう?

同じエネルギーを使うのであれば、効果的に使いましょう。

愛の言葉を考えるのも伝えるのも苦手。
サプライズのシチュエーションのアイデアも浮かばない。

そんな貴方、心配しないで大丈夫です。


「結婚してください。」
この言葉をストレートにハッキリと言えたなら、それが一番。

しっかりと伝わるのは、きっと、この一言です。
この言葉には「ズレ」はありません。



勇気を振り絞って、
思い切って伝えてみてください。

「プロポーズ」
   彼にとっても、彼女にとっても、幸せな瞬間でありますように...♡


ブライダルMC 山本裕美子でした。

この記事を書いたプロ

ブライダルMC [ホームページ]

司会者 山本裕美子

長崎県長崎県諫早市 [地図]
TEL:090-2085-1650

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
この道14年のキャリアを誇る山本裕美子プロ

幸せの種を育て、最良の瞬間へと実らせる、ブライダルシーンの担い手(1/3)

 司会業として14年のキャリアを誇る山本さん。1,000組以上の新郎新婦に携わってきた彼女の原点は、将来のウェディングのセルフプロデュースを夢見ていたことから。学生時代に結婚式場でのアルバイトをしていた山本さんは「自分のウェディングは、ブー...

山本裕美子プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

会社名 : ブライダルMC
住所 : 長崎県長崎県諫早市 [地図]
TEL : 090-2085-1650

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2085-1650

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本裕美子(やまもとゆみこ)

ブライダルMC

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「伝え方」が上手い人はトクをする

「伝える」仕事をしている私は、このテーマについては良く考えます。と、言うか、常に考えています。研究をして...

婚活女性に人気の職種ベスト3
RIKA

皆様こんにちは。マイベストプロ長崎 ブライダルMCの山本裕美子です。恵みの雨の後、秋晴れ爽やかな長崎の空...

女が結婚を決める理由〜長崎県内女子の事情〜
2012.10.27.HISATAKA&SACHIE'S RING

マイベストプロ長崎 ブライダルMCの山本裕美子です。今日は、9月最終日。あっと言う間に秋ですね。ディスプレ...

男が結婚を決める理由〜an・an 2013.10.2号のテーマより〜
イメージ

マイベストプロ長崎 ブライダルMCの山本裕美子です。長崎市内を主な活動の拠点とし、ブライダル(結婚式/ご披露...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ