コラム

 公開日: 2016-07-26  最終更新日: 2016-09-22

試用期間中、最低賃金以下で労働させることは合法になるか

タイトルの事案にお答えする前に事例をあげたいと思います。

バーのオーナーAさんはバーが忙しくなってきたこともあり
6か月の試用期間でアルバイトBさんを入れることにしました。
オーナーは経営が厳しいことや接客やお酒の作り方など覚えることが
山ほどあることやアルバイトが仕事をしっかりこなせるまでは
時間がかかることから見習い期間は給料はなるだけ支払いたくないと考えました。

そこで1日の賃金は1500円で働いてもらうというようにアルバイトBさんと合意を取りました。
アルバイトBさんは契約後労働日は1日14時間働いています。
本件は最低賃金法に反し違法になるでしょうか?

ご興味がある方は考えてみてください。





















~最低賃金には減額特例がある~

最低賃金は、都道府県別に定められています(産業別もあり)。

その最低賃金には、次の5つのケースで減額特例が認められることがあります。
1.精神又は身体の障害により著しく労働能力が低い
2.試の使用期間中
3.基礎的な技能等を内容とする認定職業訓練を受けている
4.軽易な業務に従事する
5.断続的労働に従事する

2つめのケースが、本件の試用期間中に当たります。
本件の場合ですと試用期間中だから最低賃金法以下の給料を出しても問題なさそうに
思えます。

ですが減額特例は何でも認められるわけではありません。

減額特例は減額申請の手続きをしていなければ無効です
(参照http://nara-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/tingin/hourei_seido/saiteitingin015.html)。
また、本採用者が最低賃金と同等程度で、かつ、試用期間中の労働者を著しく低くする
慣行が存在する場合のみとされています。
また試用期間の場合は、最長6ヶ月、最大の減額率20%までです。
ずっと適用を免れるものではありません。

本件の場合ですと仮に最低賃金の減額特例の申請をしていたとしても最大の減額率は20%までであることから
14時間働いて1日の支給額が1500円は最大の減額率20%をはるかに下回っていることから
最低賃金法違反になります。もちろん本件の場合は1日8時間を超えて働かせているためその分の賃金も
支払う必要があるでしょう。


なお最低賃金法では、最低賃金に満たない契約は、最低賃金での契約を結んだものと見なすと定めています。
したがって、最低賃金との差額は、きちんと取り戻すことができます。
また、地域別最低賃金を支払わない使用者には、50万円以下の罰金とする定めがあります。

まとめますと事例に関しましては最低賃金の減額申請を労働局に事前に申請する必要があり、
仮に申請をして減額申請が認められたとしましても減額率は最大20%までゆえ、最低賃金法違反になります。

ただタイトルの答えとしましては労働局に減額申請の手続きをしており減額率を20%以内にしていれば
試用期間中の最低賃金を下回る場合でも違法にはならない場合もあるということになります。

皆様のご参考になれば幸いです。
当事務所は長崎市の社会保険労務士事務所と提携しておりますので
上記事案の業務の相談やその他社会保険等の手続きの業務も可能です。

ご不明な点等ございましたら遠慮なくご相談ください。
初回相談無料です(メール相談無料、電話相談20分以内無料)
本日も最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。

以下当事務所HPです。よろしかったらお立ち寄りください
http://www.fukahorijimusho.com/

この記事を書いたプロ

行政書士 深堀法務事務所 [ホームページ]

行政書士 深堀賢

長崎県長崎市本尾町1番56 [地図]
TEL:095-807-0022

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
オフィスでにこやかに微笑む深堀さん

あらゆる依頼にベストを尽くす頼れる行政書士(1/3)

会社設立や飲食店営業、NPO法人設立、建築許可、相続、特許申請など、役所に届け出をする必要がある書類を企業や個人に代わって作成するのが行政書士の仕事です。深堀賢さんは、行政書士として事務所を開いて5年。長崎県内はもとより、インターネットを通...

深堀賢プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

お客様の幸せを第一に考え誠実で迅速な対応をいたします

事務所名 : 行政書士 深堀法務事務所
住所 : 長崎県長崎市本尾町1番56 [地図]
TEL : 095-807-0022

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-807-0022

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深堀賢(ふかほりさとし)

行政書士 深堀法務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

深堀さんに頼んで良かったです!

株式会社を設立して1年を過ぎ、本業の建築工事や設計業務が忙...

A
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
講師養成研修に参加してきました。
イメージ

11月18・19日二日間開催された社会保険労務士会主催の講師養成研修に参加しました。講師は育成力研究所の井手上典...

[ セミナー 長崎 ]

法人の組織変更について

組織変更について 組織変更とは 会社法での企業組織再編の一つで、株式会社が合名会社・合資会社・合同会社とな...

[ 法人 設立 運営 相談 ]

当事務所代表深堀出張のお知らせ

平素からお世話になっております。行政書士の深堀です。10月19日(水曜日)から10月23日(日曜日)まで出張のた...

[ 出張 長崎 ]

遺族厚生年金の受給要件について

遺族厚生年金は、以下の者が死亡した場合、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫または祖父...

[ 年金 雇用保険 社会保険 相談 ]

離婚時の年金分割について

離婚時の年金分割についてサラリーマンの夫(国民年金の第2号被保険者)と専業主婦(国民年金の第3号被保険者)...

[ 年金 雇用保険 社会保険 相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ