コラム

 公開日: 2016-07-29  最終更新日: 2016-09-22

ポートセミナーに参加しました

7月28日(木)諫早商工会館にて、長崎市役所商工部産業雇用政策課内のある長崎港活性化センターと長崎港コンテナーターミナル運営協会が主催するポートセミナーに参加しました。輸出業者様等に有益な情報だと考えましたので以下に掲載したいと思います。

セミナー冒頭で講師の方が小ヶ倉の柳埠頭にあるコンテナーターミナル拡張整備の進捗状況についての説明がありました。来年度には、7号上屋やガントリークレーンの設置も予定されており、長崎の物流の効率化に寄与するものと思われます。

次に長崎港コンテナ利用助成金制度についての説明が有りました。
この点につき皆様がとりわけ関心を持たれるところかと思いますので詳述します。

~長崎港コンテナ助成制度とは?以下4つの助成制度の総称です~

 助営制度名助成金交付団体
①トライアル助成制度長崎港活性化センター
②輸出コンテナ奨励助成制度長崎港活性化センター
  長崎港コンテナーターミナル運営協会
③中国輸出入貨物助成制度長崎港活性化センター
④検査費用助成制度長崎港コンテナーターミナル運営協会

まず、①トライアル助成制度については、輸出に関しては、20フィートコンテナー1個分の
貨物を、長崎港から輸出する場合は、15,000円の助成金が受けられます。
一方、輸入に関しては、10,000円の助成金が受けられます。
輸出入それぞれ、5TEUまで利用できるとなっておりますので、輸出に関しては、
75,000円まで、輸入に関しては、50,000円までの助成金が受けられることになります。

*TEU(《twenty-foot equivalent unit》20フィートコンテナを1単位として、港湾が取り扱える貨物量を表す単位。また、コンテナ船の積載容量を表す単位を指します)

次に、②輸出コンテナ奨励助成制度についてですが、20フィートコンテナー1個分の貨物を
長崎港から輸出する場合は、15,000円の助成金が受けられます。
尚、利用上限は、1企業当たり105万円となっております。

さらに、③中国輸出入貨物助成制度についてですが、中国輸出入コンテナ数が前年度より
上回った利用者に関しては、20フィートコンテナー1個分の貨物につき、5,000円の
助成金が受けられます。
なお、利用上限は、1企業当たり15万円となっております。
すなわち、20フィートコンテナー30個分の貨物までが上限になっているということです。



最後に、検査費用助成制度ですが、長崎港で扱った輸入貨物で、植物(実行関税率表の6類、~14類)に関しては、植物防疫法の検査が、家畜(実行関税率表の1類)に関しては、家畜
伝染病予防法の検査が、食品(実行関税率表の2類~4類、7類~11類、16類~22類)
に関しては、食品衛生法の検査が、関税法第70条により必要になりますので、当該検査に
かかった費用のうち5,000円を補助する制度です。
また輸出申告及び輸入申告の後に、保税蔵置場等で実施される税関検査(関税法第67条)
に関しての検査費用に対しても、助成金が受けられます。

なお今年からは、長崎港チャレンジ調査事業が始まります。
他港を利用して輸出入を行っている荷主企業及び物流会社が、調査も踏まえて、長崎港を
拠点に輸出入を行うために、調査事業実施申請書と調査事業計画書を、長崎港活性化センターに提出し、調査事業を実施した場合は、100万円を上限とする支援を受けられる制度です。幣事務所は、大手通関業者での通関士経験者と業務提携しておりますし、長崎市内の大手通関業者との人脈も有しておりますので、コンテナ助成金に関して、お気軽に御相談下さい。

その他補足
FCL(FULL CONTAINER LOAD)
大口の貨物で、1つの事業所の貨物で、20フィートコンテナーが出来上がりますので、輸出の
場合は、荷主(shipper)が当該事業所に、輸入の場合は、荷受人(consignee)が当該事業所になります。FCLは、コンテナーヤード(CY)に直接、搬入されます。

LCL(LESS THAN CONTAINER LOAD)
小口の貨物で、複数の事業所の貨物を混載して、20フィートコンテナーが出来上がりますので、輸出の場合は、荷主(shipper)が通関業者(船舶代理店)に、輸入の場合は、荷受人(consignee)が通関業者(船舶代理店)になります。
混載の場合は、B/Lは、通関業者(船舶代理店)を荷主や荷受人とするマスターB/Lと、各々の事業所を荷主や荷受人とするハウスB/Lにより構成されます。
LCLは、一旦、コンテナーフレイトステーション(CFS)に搬入された後に、バンニングされてから、コンテナーヤード(CY)に移されます。
*B/L(船荷証券)
最後に、長崎港コンテナ助成制度は、大口貨物であるFCLが対象で、混載貨物であるLCLは、助成金の対象とはなりませんので、その点を御了承下さい。

長くなりましたが最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。

以下当事務所HPです。よろしかったらお立ち寄りください
長崎の行政書士 深堀事務所
http://www.fukahorijimusho.com/

この記事を書いたプロ

行政書士 深堀法務事務所 [ホームページ]

行政書士 深堀賢

長崎県長崎市本尾町1番56 [地図]
TEL:095-807-0022

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
オフィスでにこやかに微笑む深堀さん

あらゆる依頼にベストを尽くす頼れる行政書士(1/3)

会社設立や飲食店営業、NPO法人設立、建築許可、相続、特許申請など、役所に届け出をする必要がある書類を企業や個人に代わって作成するのが行政書士の仕事です。深堀賢さんは、行政書士として事務所を開いて5年。長崎県内はもとより、インターネットを通...

深堀賢プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

お客様の幸せを第一に考え誠実で迅速な対応をいたします

事務所名 : 行政書士 深堀法務事務所
住所 : 長崎県長崎市本尾町1番56 [地図]
TEL : 095-807-0022

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-807-0022

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深堀賢(ふかほりさとし)

行政書士 深堀法務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

建設業許可新規をお願いしました

今まで付き合いのあったよく仕事を回して下さっていた業者様...

KM
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
講師養成研修に参加してきました。
イメージ

11月18・19日二日間開催された社会保険労務士会主催の講師養成研修に参加しました。講師は育成力研究所の井手上典...

[ セミナー 長崎 ]

法人の組織変更について

組織変更について 組織変更とは 会社法での企業組織再編の一つで、株式会社が合名会社・合資会社・合同会社とな...

[ 法人 設立 運営 相談 ]

当事務所代表深堀出張のお知らせ

平素からお世話になっております。行政書士の深堀です。10月19日(水曜日)から10月23日(日曜日)まで出張のた...

[ 出張 長崎 ]

遺族厚生年金の受給要件について

遺族厚生年金は、以下の者が死亡した場合、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫または祖父...

[ 年金 雇用保険 社会保険 相談 ]

離婚時の年金分割について

離婚時の年金分割についてサラリーマンの夫(国民年金の第2号被保険者)と専業主婦(国民年金の第3号被保険者)...

[ 年金 雇用保険 社会保険 相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ