コラム

 公開日: 2016-09-05  最終更新日: 2016-09-22

特定建設業許可と一般建設業許可の違いについて

以前の記事にも書いた箇所もありますが、特定建設業許可と一般建設業許可の違いを述べる前に建設業許可が必要な場合やいらない場合も知らないとちんぷんかんぷんかと思いますので、もしそちらもお読みになってご存知の方は省略してお読みください。

「軽微な工事」は建設業許可を受ける必要はないのですが、「軽微な工事」以外の建設工事を施工するには、建設業許可を受ける必要があります。

軽微な工事というのは、建築一式工事以外の工事は500万円未満の工事、
建築一式工事については1,500万円未満の工事または延べ面積が150㎡に満たない木造住宅工事です。
*木造住宅とは、主要構造部が木造で、2分の1以上が住居スペースになっているものをいいます。ですので、延べ面積が150㎡に満たないの木造住宅工事であっても、2分の一以上を店舗にする建物の工事は建設業許可が必要です。
•工事の完成を2つ以上に分割して請負契約を結ぶときは、それぞれの請負代金を合計して計算して扱います。
•材料が注文した人から支給されたときは、支給材料費も含みます。
•請負代金や支給代金に係る消費税も含みます。
•軽微な工事しか扱わない建設業者であっても、他の法律によって登録が必要な工事があります。
例えば
①建設業許可を受けて電気工事業を営む場合には、建設業許可とは別に「電気工事業の業務の適正化に関する法律」に基づく電気工事業の届出が必要になります。
②浄化槽工事業を営む場合には、請負金額にかかわらず「浄化槽工事業」の登録・届出が必要になります。
③解体工事業を営む場合には、請負金額にかかわらず「解体工事業」の登録が必要になります。例外として建設業許可のうち「土木工事業」、「建築工事業」若しくは「とび・土工工事」のいずれかの許可を受けている場合は登録不要になります。
上記以外の建設工事を施工するには、建設業許可を取得しなければなりません。

前置きが長くなってしまいました。軽微ではない建設工事をするので建設業許可がいることになったとして元請業者として受注した工事を下請に出す場合、その総額が一定以上かどうかで「一般建設業許可」と「特定建設業許可」を取るかどうかが変わります。


特定建設業許可が必要となるのは、元請契約により受注した場合に限ります。具体的に申し上げますと特定建設業許可と一般建設業許可の違いは、元請として受注した1件の工事を、下請業者に合計4,000万円(建築一式工事は6,000万円)以上の発注をするかどうかです。ですから、この金額以下で元請から下請に発注を発注したり、金額が大きくても下請から下請に発注する場合は特定建設業許可を取得する必要はありません。もちろん特定建設業許可の方が一般建設業許可に比べ手続きが複雑で手間がかかるのが一般的です。特定建設業許可は多様化・重層化した下請構造を有する建設業において下請人を保護することを目的として設けられており、当該許可を取得した事業者様は下請代金の支払い等に対し一般建設業許可に比べ多くの業務規制が適用されているのです。

以上ご参考になれば幸いです。本日も最後までお読みいただき誠にありがとうございました。


(当事務所で建設業許可関係のお仕事を承った場合の費用)
経営事項審査申請   75600円(その他法定費用あり。法定費用は業種数による。)
建設業許可‹法人›  140400円(知事許可、その他申請手数料90000円)
建設業許可‹個人›  129600円(但し工事等が少ない等比較的容易な申請の場合は108000円、知事許可、その他申請手数料90000円)
決算変更届      37800円
役員変更や事務所変更等の変更届  21600円
登記簿謄本・登記されていないことの証明書・身元証明書・納税証明書などを当事務所で取得する場合は、実費のみを請求させて頂きます。取得にかかった交通費等は頂きません。
以上本日も最後までお読みくださいまして誠にありがとうございました。

以下当事務所HPです。よろしかったらお立ち寄りください
 http://www.fukahorijimusho.com/

この記事を書いたプロ

行政書士 深堀法務事務所 [ホームページ]

行政書士 深堀賢

長崎県長崎市本尾町1番56 [地図]
TEL:095-807-0022

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
オフィスでにこやかに微笑む深堀さん

あらゆる依頼にベストを尽くす頼れる行政書士(1/3)

会社設立や飲食店営業、NPO法人設立、建築許可、相続、特許申請など、役所に届け出をする必要がある書類を企業や個人に代わって作成するのが行政書士の仕事です。深堀賢さんは、行政書士として事務所を開いて5年。長崎県内はもとより、インターネットを通...

深堀賢プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

お客様の幸せを第一に考え誠実で迅速な対応をいたします

事務所名 : 行政書士 深堀法務事務所
住所 : 長崎県長崎市本尾町1番56 [地図]
TEL : 095-807-0022

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-807-0022

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深堀賢(ふかほりさとし)

行政書士 深堀法務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

無事に建設業許可が下りました

深堀さんとは以前株式会社の設立でも大変お世話になりました...

T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
講師養成研修に参加してきました。
イメージ

11月18・19日二日間開催された社会保険労務士会主催の講師養成研修に参加しました。講師は育成力研究所の井手上典...

[ セミナー 長崎 ]

法人の組織変更について

組織変更について 組織変更とは 会社法での企業組織再編の一つで、株式会社が合名会社・合資会社・合同会社とな...

[ 法人 設立 運営 相談 ]

当事務所代表深堀出張のお知らせ

平素からお世話になっております。行政書士の深堀です。10月19日(水曜日)から10月23日(日曜日)まで出張のた...

[ 出張 長崎 ]

遺族厚生年金の受給要件について

遺族厚生年金は、以下の者が死亡した場合、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫または祖父...

[ 年金 雇用保険 社会保険 相談 ]

離婚時の年金分割について

離婚時の年金分割についてサラリーマンの夫(国民年金の第2号被保険者)と専業主婦(国民年金の第3号被保険者)...

[ 年金 雇用保険 社会保険 相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ