コラム

 公開日: 2016-09-14  最終更新日: 2016-09-22

貿易取引における契約で不可欠となる品質条件について

海外との貿易をされておられる法人・個人様若しくはされようと思っておられる法人・個人様には参考になるかと思いましたので以下記載いたします。その他ご相談などあられる方は当事務所と提携する通関士をご紹介いたします。

海外の隔地者と取引する場合に、契約書を作成する場合は、商品名については、後に誤解によるトラブルが発生することを回避するために、種類や型番まで明確に取り決める必要があります。

種類や型番まで明確に取り決めて一定の基準化したものを、品質条件というのですが、貿易で求められる品質条件の中に、見本売買(Sale by Sample)という方法があります。
見本売買(Sale by Sample)では、サンプルを輸出者だけではなく、輸入者から提示する場合があり、これを反対見本(Counter Sample)といいます。なお、反対見本(Counter Sample)には、輸入者が作成して提示する方法の他に、輸入者の仕様希望に従って輸出者が作成し、輸入者側に送る試作品も含まれます。
また、輸出者作成のサンプルをSeller’s Sample、輸入者作成のサンプルをBuyer’s Sampleという呼び方もいたします。

見本売買(Sale by Sample)の他に、使用される頻度の多い品質条件に、仕様書売買(Sale by Specification)があります。仕様書売買(Sale by Specification)とは、既製品のない機械、工業製品など(輸出統計品目表の第84類)では、輸送に手間がかかり、見本を提示することが不可能なので、仕様書(その他写真、図面)によって品質・性能・性質などを決定する方法です。

品質条件の方法は、見本売買(Sale by Sample)や仕様書売買(Sale by Specification)の他に、標準品売買(Sale by Standard Quality)という方法があります。
農産品(輸出統計品目表の第7類~10類)や林産品(輸出統計品目表の第44類)や水産品(輸出統計品目表の第3類)等の場合、見本と一致した商品を揃える見本売買(Sale by Sample)という方法はそぐわないので、一定の標準品を示し、それと本取引時の商品の品質の差を価格で調整する標準品売買(Sale by Standard Quality)を使用するのが一般的です。
標準品売買(Sale by Standard Quality)は、更に細かく見ていくと、農産品(輸出統計品目表の第7類~10類)と林産品(輸出統計品目表の第44類)や水産品(輸出統計品目表の第3類)で標準品としての価値や基準の設定方法が異なってまいります。
農産品(輸出統計品目表の第7類~10類)に関しては、収穫前の農産物の場合に、中等品質を規定して、それを標準品として価値や基準を設定する平均中等品質条件(FAQ :FairAverage Quality Terms)が使用されます。
その一方で、林産品(輸出統計品目表の第44類)や水産品(輸出統計品目表の第3類)に
関しては、売買するに足る品質を有するか否かで価値や基準を設定する適商品質条件(GMQ :Good Merchantable Quality Terms)が使用されております。

その他ブランド品(輸出統計品目表の第42類と43類)の取引に関しては、国際的に認知されている商標やブランドのある商品の場合に、その商標やブランドのついた商品であることを条件として取引する銘柄売買(Sale by Trademark / Brand)が品質条件として使用されております。

その他のISO規格など国際的に認知されている規格、輸出入国の規格などで品質や安全性が定められている商品については、それらを品質基準とする規格売買(Sale by Grade / Type)が品質条件として使用されております。
国際間の売買取引では、これらの品質条件により売手側(輸出者)の申込み(Offer)に対し、買手側(輸入者)が承諾(Acceptance)すれば、契約が成立する諾成契約となる。
当該契約成立後、売手側(輸出者)が要物契約として商品(貨物)を買手側(輸入者)に
引き渡した場合に、当該品質条件を満たしてない場合は、商品(貨物)に瑕疵があるものと見なされ、民法570条の瑕疵担保責任が問われるますので、売手側(輸出者)には、品質条件の入念なチェックが求められておりますのでご注意ください。

以上本日も最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。

以下当事務所HPです。よろしかったらお立ち寄りください
長崎の行政書士 深堀事務所
http://www.fukahorijimusho.com/

この記事を書いたプロ

行政書士 深堀法務事務所 [ホームページ]

行政書士 深堀賢

長崎県長崎市本尾町1番56 [地図]
TEL:095-807-0022

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
オフィスでにこやかに微笑む深堀さん

あらゆる依頼にベストを尽くす頼れる行政書士(1/3)

会社設立や飲食店営業、NPO法人設立、建築許可、相続、特許申請など、役所に届け出をする必要がある書類を企業や個人に代わって作成するのが行政書士の仕事です。深堀賢さんは、行政書士として事務所を開いて5年。長崎県内はもとより、インターネットを通...

深堀賢プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

お客様の幸せを第一に考え誠実で迅速な対応をいたします

事務所名 : 行政書士 深堀法務事務所
住所 : 長崎県長崎市本尾町1番56 [地図]
TEL : 095-807-0022

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-807-0022

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深堀賢(ふかほりさとし)

行政書士 深堀法務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

NPO法人の認証を無事取得できました

HPから深堀事務所を見つけました。NPO法人を立ち上げるのは個...

F
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
講師養成研修に参加してきました。
イメージ

11月18・19日二日間開催された社会保険労務士会主催の講師養成研修に参加しました。講師は育成力研究所の井手上典...

[ セミナー 長崎 ]

法人の組織変更について

組織変更について 組織変更とは 会社法での企業組織再編の一つで、株式会社が合名会社・合資会社・合同会社とな...

[ 法人 設立 運営 相談 ]

当事務所代表深堀出張のお知らせ

平素からお世話になっております。行政書士の深堀です。10月19日(水曜日)から10月23日(日曜日)まで出張のた...

[ 出張 長崎 ]

遺族厚生年金の受給要件について

遺族厚生年金は、以下の者が死亡した場合、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫または祖父...

[ 年金 雇用保険 社会保険 相談 ]

離婚時の年金分割について

離婚時の年金分割についてサラリーマンの夫(国民年金の第2号被保険者)と専業主婦(国民年金の第3号被保険者)...

[ 年金 雇用保険 社会保険 相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ