講座案内

【幼児教室】 本が大好きな子、後伸びする子に育てる

イメージ

■指導方針 本が大好きな子、後伸びする子に育てる

幼児期のお子様は好奇心が旺盛で、まわりからたくさんのことを吸収します。この時期は知識の先取りよりも、脳の容量を広げ、考える力をつけるような学習こそふさわしいと考えます。そのような学習を充分にしておけば、それが強化学習の下地ちおなり、後から伸びる子に育ちます。また、脳の発達はお子様によってまちまちですから一人ひとり、お子様の発達段階に合わせて、個別に指導します。

■指導内容

絵本 朗読音声を聴きながら本を読みます。眼で絵を追ったり、文章を追ったり、発達段階に合わせて読み進めます。本が大好きな子に育ちます。

図形 色板や積み木を使って学習します。具体物を実際に手で触れることで、自然に図形センスが養われます。また、抽象的な「数」に、実際は大きさや量があることを実感し、数の概念(意味)がしっかりと身につきます。

その他 各種パズル、折り紙、読書画等、文章題等、興味や発達段階に合わせて指導します。

この記事のURL

【数理図形教室】 図形と数の融合 図形センスと数の概念(意味)を身につける

■対象 小学1~6年生(幼児教室はこの内容を含みます)

■指導理念 「考える力」の下地をつくり、後から伸びする子を育てる
●図形学習を通して数の概念をしっかり把握させる
小学4年生から算数は抽象的な学習が本格的に始まります。そのころから小数・分数・文章題が苦手というお子様が増えてきます。数の概念(意味)が本当には理解できていないことが原因です。計算や文章題の解き方をパターンとして覚え、算数が暗記学習になってしまっているお子様が多いです。これでは「考える力」は育ちません。図形学習をとおして数には大きさや量があることを実感できるように指導します。
●位置把握や空間把握能力を育てる
図形問題を解けるようにするには具体物(色版や積み木)をとおして、自分の手で実際に触れ、図形をイメージできるように訓練しておくことが大切です。手や指は第2の脳だと言われていますが、そのような学習を充分に行い、考える下地を準備して後から伸びる子になるように指導します。

■料 金 月額受講料3,240円(週に1回30分)
■時間帯 ただし、土曜日の第1講座は教科の後30分、第2講座は前30分
     火~金曜日の第2講座は教科の後30分、第4講座は前30分

幼児教室の講座案内はこちら
http://mbp-nagasaki.com/hanaokajuku/service1/20/

この記事のURL

【小学生講座】

イメージ

■指導教科
<1~6年生> 
◇ことばの学校<90分> 
◇算数    <90分> 
<1~3年生>
◇ことばの学校&算数<90分>
<中学受験> 4~6年生
◇国語・算数・理科・社会
(教科の前後で速聴30分選択可)
   東中対策は適性検査対策と作文対策含む

<レプトン英語>
 1~3年生60分
4~6年生70分

<作文教室> 1~6年生
 月1回の添削指導 + 2回目書き直し
合計月2回の指導
教科の前後で30分、あるいはことばの学校か国語の中で30分。

■指導内容
◇ことばの学校 速聴・読解力・漢字・作文・語彙・俳句・短歌・百人一首のかるた等学習
読書やことばの知識をとおして読んだり書いたりできるようにし本格的な国語力を養成します。
◇算数 文章題・計算・計算テスト・図形パズル・積み木・算数パズルなどを学習
計算力、文章題解法力をつけ、平面図形や空間図形を具体物をとおして把握できるようにし、考える力を養成します。
◇英語 「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランスよく学習
「世界に通じる英語力」レプトン英語のカリキュラムに従って本格的な英語力を身につけます。
  詳しい内容は「レプトン英語」のページをご覧ください。
◇中学受験  国語・算数・理科・社会の学習および適性検査対策
志望校のレベルに合わせて効率よく学習します。志望校が附属中や青雲中であればそのレベ
ルに絞って 学習します。レベル以上の内容に無駄な時間を割くことはしません。大切な時間は第1志望校レベルの反復につかいます。効率よい学習が合格への近道です。

この記事のURL

【レプトン英語教室】(小学生)

■指導対象
「レプトン英語」の対象は年長から小学生です。

中学生になって一番差がつきやすい教科は英語。小学生のうちから英語に親しんでおきたいものです。また、中学校の英語は「読む・書く」に重点をおいた学習なので、将来のコミュニケーション能力が育ちにくいという欠点があります。「読む・書く・聞く・話す」の4技能をバランスよく学習することができるのは、まだ時間に余裕がある小学生ならでは。小さい時からぜひ、英語学習を始められることをお勧めします。

■コミュニケーション能力が育たない日本の英語教育
日本人は中学校・高校・大学と何年も英語を学んでいるにもかかわらず、使える英語が身に
ついていないとよく言われます。原因ははっきりしています。学校英語がコミュニケーション能力を 育てようとはしていないからです。「聞く」「話す」を軽視し、「書く」「読む」に偏った学習をしている からです。英語が言語である以上、英語学習は言語の主な目的であるコミュニケーション能力を つけることにつながってゆかなければならないはずです。小学生が英語を始めるとしたら、そのよう な英語学習でなければならないと考えていましたが、それを満たしてくれるすばらしい教材「レプトン英語」に出会うことができました。

■レプトン英語の特徴

1)「聞く」「話す」「読む」「書く」をバランスよく学ぶことができる
テキストとネイティヴ発音によるCDを使って学習します。テキストは11レベル81冊に分かれており、基礎から体系的に英語力が身につく構成になっています。学校英語のように、ある分野に偏った学習ではないので、将来のコミュニケーション能力につながります。

2)個別レッスンなので本人のスピードで進めることができる
いつからでも、どの段階からでも始められます。自分に合ったレベル、自分に合った速さで学べるので楽しく勉強でき、続けやすいから英語がしっかり身につきます。

3)「T0EIC」(ト―イック)テストにつながるカリキュラム構成
英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストが「TPEIC」(ト―イック)テストです。大企業や上場企業が採用や昇進の参考に使っていますし、入試評価に使っている大学もあります。「レプトン英語」は「T0EIC」(ト―イック)テストにつながっているので、社会で評価されるスコアの目安600点(990点満点)への早期到達を可能にします。

4)各種検定テストや「中学英語」に対応
「レプトン英語」は「JET」(ジュニア・イングリッシュ・テスト)」「英検」などの検定テストや中学英語に対応する内容になっており、偏りのない英語力を身につけることができます。また学習の進み具合、到達の程度を「JET」テストで確認することができます。進級テストに挑戦することで学習のさらなる動機づけが可能です。

この記事のURL

【中学生講座】

イメージ

■指導教科
英数コース…英語・数学を週に3~4講座 (1~2年生と3年生の1学期)
英数国コース…英語・数学・国語を週に4~5講座 (1~2年生と3年生の1学期)
5教科コース…英語・数学・国語・理科・社会を週に5~8講座(1~3年生)
単科コース…英語・数学・国語から1教科選択(1~3年生)

<オプション講座>
速聴  教科の前後で30分。(週に1~2回)
作文教室  月1回の添削指導 + 2回目書き直し(合計月2回) 1回20~30分
      外部生も受講可。

■教科の選択について
中1のうちから5教科の基礎をしっかり固めておくことが第1志望校合格への近道。
教科の選択は5教科がベストですが、部活動等でそれが困難な先生のためにその他のコースも設けています。
学校のテスト2週間前はテスト対策に移行し、5教科が選択できます。
学習習慣があり、学習に関して自己管理がしっかりできる生徒(そんな人はほんの一握りですが)のために単科コースも設けています。
単科コース以外の中3年生(夏以降)は5教科必修授業です。

■最強学習法
「即アップミラクル」(英・数・理・社)
「何を」「どれだけ」「どうのように」学べば成績が上がるかが生徒本人にはっきりわかる学習法。この教材で学習の仕方が体得できます。成績アップに必要な情報を高い精度で極限までしぼった教材だから反復のために多くの時間を割くことができる。反復するから飛躍的に伸びます。

■読解力大幅アップ「論理エンジン」(国語)
読解力は知識の習得ではなく自分で考えて文章を読み解かねばならず、他の教科にくらべ学力アップが困難。成績上位に行くほど国語で差がつきます。「論理エンジン」は文を論理的に読み解くことができるように導いてくれる教材。
学んだ生徒は大幅に読解力がアップしています。

この記事のURL

【脳力開発速聴教室】 頭の回転が速くなり、処理能力がアップ

■速聴(オプション講座)とは
朗読音声をヘッドフォンで聴きながら本を読むという画期的な読書法があります。
同じ個所をくり返し、スピード上げながら読みます。2倍・3倍・4倍速聴と、高速音声を集中して聴いていると頭の回転が速くなり、処理能力がアップします。
実際、速聴をする前と後では計算の速さにちがいがでることを確認しています。
それだけではありません。脳のなかに眠っているさまざまな潜在能力が開発されることが報告されています。
速聴は脳力開発しながら読書が楽しめる一石二鳥の読書法です。
あまり本を読まなかった子が速聴をすることですっかり本好きになり、読書習慣が身についたという例がたくさんあります。年間に何十冊と読む子はざらです。
朗読音声は小・中・高校生向けの物語や小説が中心ですが、成人用の成功哲学などもそろっています。高校生なら大人向けの本も十分読めます。
また、英単語や社会の暗記、英語のリスニングにも威力を発揮します。学校のテスト前や受験対策にも大変有効です。

■対象
小・中・高校生で教科の学習を受講している生徒。
受講講座の前か後で30分講習。なお「ことばの学校」には速聴が含まれています。

■料金
1回30分 週1回3150円  週2回6300円

この記事のURL

【作文教室】 

イメージ

■指導内容
受験・就職のための作文・小論文
公立高校推薦試験対策
大学推薦入試対策
大学入試2次試験対策 など
※東中学校の作文対策は受験コースの国語の中に含まれます。
※「ことばの学校」では作文指導(基礎)も実施しています。

■指導方法
一人ひとりの課題(テーマ)に合わせて個別添削指導を行います。
1テーマのおおよその流れ
「構想メモ作成」→「作文1回目」→「添削指導」→「作文2回目」→「添削指導」→「清書」
この方法で、受験で出題されそうなテーマを5~10テーマほども準備しておけば、本番ではまずまちがいなく、ゆとりを持って書けるはずです。
練習しておいた文章をそのまま、あるいは少し変えただけで書くことができ、時間が余ったという報告をたくさんいただいています。

■料金
入会金18900円(塾生は不要)

4テーマ 中学生:10500円 高校生:15750円 1回~2回/週
8テーマ 中学生:21000円 高校生:31500円 2回~4回/週

短期集中講座
5テーマ 中学生:15750円 高校生:26000円 フリー/週
8テーマ 中学生:25200円 高校生:42000円 フリー/週
10テーマ          高校生:31500円 フリー/週

■講座時間帯
1講座90分
火水木金土 第3・4講座
第3講座 18:30~20:00
第4講座 20:10~21:40

■小論文による合格実績
高校 長崎5校
大学 長崎大学・長崎県立大・国際基督大・青山学院大・純心大・長崎外語大
就職 長崎県教員・長崎県警察

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
講座案内
イメージ

■指導方針 本が大好きな子、後伸びする子に育てる幼児期のお子様は好奇心が旺盛で、まわりからたくさんのことを吸収します。この時期は知識の先取りよりも、脳の容量...

花丘塾の指導理念

学力の土台は国語力です。花丘塾では低学年から読書や作文の習慣をつけ、国語力の強化を図っています。そうすると、他の教科も本当によく伸びるようになります。また、...

 
このプロの紹介記事
物静かな芳賀先生。子どもを見守る目は温かい。

全ての教科の基礎は「国語力」にあり!学力が身につく勉強法を指導するスペシャリスト(1/3)

 長崎大学や、長崎大学附属小・中学校など教育の拠点が集まる長崎市北部エリア。ここで28年にわたり、「国語力」を基礎とした独自の学習法で信頼を集めているのが「花丘塾」です。 「“国語力”とは、読む・書く・書いてあることを感じる・感じたことを...

芳賀麻里子プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

会社名 : 花丘塾
住所 : 長崎県長崎県長崎市花丘町5-22 [地図]
TEL : 095-848-2516

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-848-2516

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芳賀麻里子(はがまりこ)

花丘塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
読書習慣が身につき脳の活性化にも役立つ速聴

 朗読音声を聴きながら名作を読み進める 読書は通常、音読か黙読ですがこのプログラムでは朗読音声を聴きなが...

[ 国語力を上げる為の集中学習法 ]

゛速聴”を取り入れ読解力のスピードと理解の深さを上げる

 読解力を上げる゛速聴”とは 朗読音声をヘッドフォンで聴きながら本を読むという画期的な読書法があります。...

[ 夏期講習 ]

花丘塾の夏季集中講座 国語力で5教科合計点をグンと上げる

 国語が原因で他の強化が伸び悩む 国語が80点取れる子は80点の力で5教科を勉強しています。でも国語が20点の子...

[ 夏期講習 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ