コラム

 公開日: 2013-09-19  最終更新日: 2016-03-18

殺犬・殺人ダニ(追記)

「ほくろが急に大きくなりました!」
と来院されました。



ダニです。

血を吸って大きくなっています。(イエダニとは異なります。)

専用の鑷子(せっし)で顎がちぎれないように注意深く除去します。
たかがダニとあなどってはいけません。

実はノミよりも恐ろしい外部寄生虫なのです。

ノミは寄生されても症状はほぼ痒みだけ(ノミアレルギーも含む)もしくはお腹の寄生虫をもらうくらいですが、わんちゃんに寄生するダニはバベシア病という貧血を引き起こす恐ろしい病原体を持っています。

バベシア症とはバベシア属に属する赤血球寄生原虫による貧血を主症状とする病気のことです。
血液に寄生するとても小さな病原体が赤血球を破壊することにより貧血をはじめ様々な症状をきたし、時に死に至ることもめずらしくはありません。

当院でも年に数件は確認されます。

診断は困難で、顕微鏡で確認出来ることもあれば遺伝子検査までしないと確定できないこともあり、その他の貧血と間違って治療をしてしまうと症状が悪化してしまうこともあり、診断にも非常に注意が必要です。

治療も容易ではなく、以前は注射薬がよく使用されていましたが、最近では複数の薬剤を併用する方法、国内では購入できない海外の薬剤を輸入して治療したりもしますが、いずれにしても特効薬などは存在せず治療は困難を極めます。

何よりダニに咬まれないこと、予防をすることが第一となります。

予防の方法としては、スポットタイプ(首の後につけるお薬)を月に1回つけるものが主流ですが、
最近では飲み薬などもあります。かかりつけの動物病院にてご相談下さい。
(※市販の予防剤は効果が不十分なことがあります。動物病院専用薬をお勧めします。)

かかってしまってからでは、遅いのです。

気をつけましょう。


 またこのダニは、SFTSという人に感染する新しいウイルス病ももっていることが2011年にわかりました。日本においては2013年1月に海外渡航歴のない方がSFTSにかかっていたことが初めて確認され、以降徐々に国内における感染が確認されはじめましたがはっきりとした分布等疫学的な情報は未だ調査段階のようです。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts.html

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(国立感染症研究所)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/3143-sfts.html

最新(平成25年8月29日)の情報(厚生労働省HPより)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dl/20130829-01.pdf

予防・対策法(上記より抜粋)
草むらや藪など、マダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖・長ズボン(シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる、または登山用スパッツを着用する)、足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)、帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等、肌の露出を少なくすることが大事。


また、現在のところSFTSウイルスに対して有効なワクチンは無いとのこと。


くれぐれも気をつけましょう。


※9月19日追記
わんちゃん・猫ちゃんの具体的な予防法を記載していませんでしたので、追記致します。

平野町ペットクリニックホームページ

http://hiranotown-pc.com/

※ご質問はできるだけ返答するように致しますが、個々の病気の質問に関しては、患者様の現在の状態や病気の経過日数、犬種・猫種、年齢、既往症、それまでの治療歴、検査等により状況が大きく異なりますので具体的な返答が難しい場合が多くあります。直接ご来院下さい。
またすぐに返信できない場合がありますが、ご了承下さい。

この記事を書いたプロ

平野町ペットクリニック [ホームページ]

獣医師 青木紘

長崎県長崎県長崎市平野町24-6 [地図]
TEL:095-849-0122

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

19

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
静かな中にも、動物に対する愛情が溢れる青木先生。ブログには先生の率直な言葉が並び、読み応えがある

ペットの健康を守ること、オーナーの心を支えること、最新技術をアップデートし進む動物のお医者さん(1/3)

 長崎大学医学部のキャンパスや、大学病院、アンセムが鳴り響く浦上天主堂にもほど近い閑静な住宅街・平野町。街が持つ穏やかなトーンと調和する洗練された雰囲気の動物病院が「平野町ペットクリニック」です。白いタイル張りの明るい院内、防音や屋内運動場...

青木紘プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

会社名 : 平野町ペットクリニック
住所 : 長崎県長崎県長崎市平野町24-6 [地図]
TEL : 095-849-0122

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-849-0122

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青木紘(あおきひろし)

平野町ペットクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

丁寧な診察でした。

はじめて行ってきました。 いろいろたくさん質問をしましたが...

ponta
  • 女性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
子犬の噛み癖のしつけについて

 今回は子犬の噛み癖のしつけについて書きたいと思います。新しくわんちゃんをお家に迎えた飼い主様からの質問で...

[ 長崎の動物病院 ]

フィラリア症(犬糸状虫症)予防について②。実は猫ちゃんも要注意ですよ。

前回の続きです。 (前回)>フィラリア症(犬糸状虫症)予防について①Q5.1回飲ませ忘れてしまった!大...

[ 長崎の動物病院 ]

フィラリア症(犬糸状虫症)予防について①。実は猫ちゃんも要注意ですよ。
イメージ

残暑が厳しかった今年の秋ですが、やっと少し涼しくなってきましたね。毎年春から予防を始めるフィラリア症(...

[ 長崎の動物病院 ]

熱中症に注意しましょう

初めまして、そして宜しくお願い致します。不定期ではありますが、わんちゃん・ねこちゃんの病気について書いて...

[ 長崎の動物病院 ]

春の啓蒙(狂犬病・フィラリア症・ノミダニ予防について)

 桜の花も色づき初め、今年もわんちゃんの健康を守るための予防の季節が訪れます。毎年この季節には特に想うこと...

[ 長崎の動物病院 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ