コラム

 公開日: 2014-11-02  最終更新日: 2016-03-18

子犬の噛み癖のしつけについて

 今回は子犬の噛み癖のしつけについて書きたいと思います。新しくわんちゃんをお家に迎えた飼い主様からの質問で最も多いものの一つです。

 子犬の甘噛みが問題となるのは大体3ヵ月齢頃からが多いかと思います。この時期のわんちゃんは、離乳が終わり野生であれば自分の力で食餌を探す練習をする時期になります。従って、まず摂食本能で動くもの全てに反応してしまう頃であります。例えば、遊んでいる時の飼い主様の手であったり、歩いている飼い主様の服の裾であったり、おもちゃであったり、昆虫であったりと、とりあえず何でも本能で捕らえようとする時期になります。
 もう一つの理由としては、乳歯から永久歯への生え替わりの時期といったこともあげられます。噛むことにより乳歯が抜けやすくなり、永久歯へのスムーズな生え替わりを促すといった意味もあるといわれています。

 これらの理由から、3ヵ月齢頃からの噛み癖は問題行動ではなく成長過程における正常な行動といえます。しかしながら、この時期の噛み癖を放置ししつけをしない場合、わんちゃんが飼い主様とのコミュニケーションの方法として誤って認識してしまい、噛み癖がそのまま成犬となってからの問題行動となってしまうことも多くあります。もし成犬になったわんちゃんに本気で噛まれてしまった場合、たとえ小型犬であっても人間の指くらい噛みちぎってしまうほどの顎の力があるため、大事になってしまう危険があります。

必ずしつけをしましょう。

それでは具体的にどのような方法でしつけをするのが良いのでしょうか。

正解は、、、「ポイントさえ抑えれば、どんな方法でも大丈夫」です。

 今書店やインターネットなどで検索をすると、しつけの方法は数限りなく検索できます。ということは、「これをすればどの子もすぐ治ります!といった方法は無い」と、いうことの裏返しともいえます。これは人のお子様のしつけと同じかもしれませんが、今はわんちゃんもその子その子にあった方法があると考えられています。

抑えるべきポイントとは、

「しつけをする時は、①まず、怒られているということ・ほめられているということをおぼえさせた後に、②続けられそうな方法で、③その子に合いそうな方法で、④家族みんなが同じ方法で、⑤問題行動をしたら毎回必ず行う。」

上記のことを意識するとよいでしょう。

①はしつけをする前にまず、怒られていることとほめられていることをおぼえてもらう必要があります。
 初めてわんちゃんを飼いはじめた飼い主様の多くは甘噛みをされた時に「痛い痛い!」とか「こらー!やめてー!」など大きくリアクションをとってしまうパターンが多くみられます。これはしつけをする上で最も良くないことです。痛いといっても、こら!と言っても、名前を叫んでも、本人に怒られているという認識がなければそれはただの遊びになってしまいます。わんちゃんの気持ちになると、噛んだらば、大きな声で応えてくれ、リアクションをとってくれて、しつけというよりも遊んでいると勘違いをしてしまう可能性があります。

 怒られていることを教えるには、「バタバタ興奮させないように、ゆったりとした動きで、わんちゃんの目をしっかりとみながら、注意する言葉(ダメ・NO等)を決めて、できるだけ低い声で、力強く注意する。」を行って下さい。逆にほめられていることを教えるには、「できるだけ高い声で、大げさに相手をしながら、全力でスキンシップをする。(ご褒美用ドライフードを一粒あげるなども良)」

 動物行動学の基本で、力強い低い声でにらまれる→怖い、高い声で大げさにスキンシップもしくは美味しいもの→うれしい! となります。このことは人間でも本能的に感じられるので判りやすいかと思います。これは簡単に憶えてくれます。
これさえ出来れば後は簡単です。

②③の方法は何でも良いです。
 ほめてしつけることが合う子もいれば、怒ってしつける方がおぼえやすい子もいるかと思います。叱って噛むことをやめたらばほめながらご褒美ドライフードを1粒あげても良いでしょう。マズルをつかんで口を抑えて怒っても良いでしょう。大型犬であればおしりくらい多少たたいても全然平気です。人のお子さんのおしりペンペンと同じです。
(※ただしマズルをつかんだり、叩くといった行為はしつけをする場面とやり方、犬の性格によっては「手」に対して恐怖心をもってしまい逆効果になり、手に対して敵対心をもってしまう場合もあるため、注意深く見極めましょう。)

まずその子に合いそうな方法と、また家族全員が続けられそうな方法をいくつか試して探してみましょう。

④⑤は、しつけ方法が決まったらいざ実践です。
 ④は人によってしつけ方法が違ってしまうと、当然わんちゃんは混乱してしまいます。さっきはこの方法、今度は別の方法となってしまうと絶対におぼえられません。同様に⑤も同じ問題行動をしたのに、さっきはしつけされたのに、今度はしつけされない、となってしまうとやはり何が何だかわからないでしょう。
「全員が必ず同じ方法で、毎回必ずしつけを行う」ようにしましょう。


子犬のしつけは成長すればするほど性格が固まってくるため、早いうちからしっかりと行うことが重要です。
以上のポイントを意識ししつけをすれば、子犬の甘噛みは比較的早期に改善するかと思います。

がんばりましょう。



最後までお読み頂きありがとうございました。

平野町ペットクリニックホームページ

http://hiranotown-pc.com/

※ご質問はできるだけ返答するように致しますが、個々の病気の質問に関しては、患者様の現在の状態や病気の経過日数、犬種・猫種、年齢、既往症、それまでの治療歴、検査等により状況が大きく異なりますので具体的な返答が難しい場合が多くあります。直接ご来院下さい。
またすぐに返信できない場合がありますが、ご了承下さい。

この記事を書いたプロ

平野町ペットクリニック [ホームページ]

獣医師 青木紘

長崎県長崎県長崎市平野町24-6 [地図]
TEL:095-849-0122

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
静かな中にも、動物に対する愛情が溢れる青木先生。ブログには先生の率直な言葉が並び、読み応えがある

ペットの健康を守ること、オーナーの心を支えること、最新技術をアップデートし進む動物のお医者さん(1/3)

 長崎大学医学部のキャンパスや、大学病院、アンセムが鳴り響く浦上天主堂にもほど近い閑静な住宅街・平野町。街が持つ穏やかなトーンと調和する洗練された雰囲気の動物病院が「平野町ペットクリニック」です。白いタイル張りの明るい院内、防音や屋内運動場...

青木紘プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

会社名 : 平野町ペットクリニック
住所 : 長崎県長崎県長崎市平野町24-6 [地図]
TEL : 095-849-0122

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-849-0122

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

青木紘(あおきひろし)

平野町ペットクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

丁寧な診察でした。

はじめて行ってきました。 いろいろたくさん質問をしましたが...

ponta
  • 女性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
フィラリア症(犬糸状虫症)予防について②。実は猫ちゃんも要注意ですよ。

前回の続きです。 (前回)>フィラリア症(犬糸状虫症)予防について①Q5.1回飲ませ忘れてしまった!大...

[ 長崎の動物病院 ]

フィラリア症(犬糸状虫症)予防について①。実は猫ちゃんも要注意ですよ。
イメージ

残暑が厳しかった今年の秋ですが、やっと少し涼しくなってきましたね。毎年春から予防を始めるフィラリア症(...

[ 長崎の動物病院 ]

殺犬・殺人ダニ(追記)
イメージ

「ほくろが急に大きくなりました!」と来院されました。ダニです。血を吸って大きくなっています。(...

[ 長崎の動物病院 ]

熱中症に注意しましょう

初めまして、そして宜しくお願い致します。不定期ではありますが、わんちゃん・ねこちゃんの病気について書いて...

[ 長崎の動物病院 ]

春の啓蒙(狂犬病・フィラリア症・ノミダニ予防について)

 桜の花も色づき初め、今年もわんちゃんの健康を守るための予防の季節が訪れます。毎年この季節には特に想うこと...

[ 長崎の動物病院 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ