コラム

 公開日: 2015-12-05  最終更新日: 2015-12-27

成年後見制度とは?長崎の成年後見制度の利用はご相談ください!

徐々にその利用者が増えている「成年後見制度」。

今日は成年後見制度を紹介し、どの場面で利用できるかについて説明します。

成年後見制度とは?

 一言で定義すると、自ら判断を行うことが難しい方に代わって判断をして、その人を保護する制度のことです。法務省のホームページ には次のように説明されています。

 認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は,不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり,遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。

 また,自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい,悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し,支援するのが成年後見制度です。

 世話をする人を「後見人」、利用者を「被後見人」若しくは「本人」、後見人が適切に本人のために働いているか監視する人を「後見監督人」と呼びます。成年後見制度においては、後見人と後見監督人に重い責任とモラルが求められます。

 成年後見制度は1.自ら後見人を選ぶ「任意後見」と、2.裁判所が後見人を選ぶ「法定後見」の二つに分けられます。これから両者の違いについて説明します。


任意後見と法定後見について

 任意後見制度は、認知症になる前に(判断能力があるうちに)、万が一の事態に備えて自ら後見人を選んでおく制度です。詳細はこちらのページで説明いたします。

 法定後見制度は、既に判断能力が欠けている方のために裁判所が後見人を選任する制度です。詳細はこちらのページで説明いたします。

任意後見と法定後見、どちらがおすすめ?

私は以下の理由から、「任意後見制度」のご利用を強くお勧めします。

① 自己決定権の尊重の理念に基づく制度である点

任意後見の性質は「契約」であり、本人がお願いしたい人に自由にお願いすることができます。親しい友人や、いつも世話になっている施設の職員さんなど、任意後見人となる方が承諾さえすれば何方にでもお願いすることができます。
一方法定後見では、家庭裁判所が後見人を選任するため、自分の好きな人にお願いをすることはできません。まだ判断能力があるうちに、自分の世話をしてくれる人を決めておくことで、安心して万が一の事態に備えることができる。これが任意後見制度の一番大きいメリットです。

② 任意後見人の監督ができる
 
本人が任意後見人を自由に選べるからとは言えども、判断能力が劣ってからちゃんと働いてくれるか、不安が残ります。任意後見制度の下では、家庭裁判所が「後見監督人」を選任し、任意後見人が適切に事務処理を行っているか監督します。これにより本人のさらなる保護につながり、安心して任意後見制度を利用することができます。

③ 任意後見契約の内容を自由に決めることができる

 原則として契約は当事者の間でその内容を自由に決めることができます。また、任意後見契約と一緒に締結する事務委任契約に本人の細かい要望を盛り込むことも可能です。たとえば認知症になったとき、飼っているペットに関することや、孫が小学校に入学するときに祝い金を与えることなども契約書に入れることができます。


成年後見制度の利用についてのご相談はお任せください!

上述したとおり、元気なうちに万が一の事態に備えて、任意後見契約を結んでおくことはとても重要なことです。

当事務所では、本人と世話人(任意後見人)の間に立ち、制度利用の支援を行っております。

制度利用に関する相談、任意後見契約書の作成、任意後見人の紹介など、なんでもお気軽にお問合せください!

私たちは長崎の高齢者の平凡な日常を提供できるように頑張ってまいります!

相談料: 3,900円(税別)/1件

任意後見契約書の作成: 39,800円(税別)~

介護施設・医療法人のご関係者からのご相談も承っております。お気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

リーガルナビ行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 李泳勲

長崎県長崎市出島町2-11 出島交流会館8F [地図]
TEL:095-865-6850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

18

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
法律上の手続・相談に、優しく誠実に対応してくれる李泳勲プロ。

国境を感じさせない“街の法律家”(1/3)

 韓国出身の李泳勲プロ。新進気鋭の行政書士です。大学卒業後、不動産会社の営業マン・宅地建物取引主任者として勤めた後、平成25年1月、東京から長崎へ移住。法学部出身で、かねてより法律家としての夢を持っていた李さんは、公務員・資格試験予備校に勤...

李泳勲プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

傾聴を通じた信頼関係の構築と、若手ならではの軽いフットワーク

会社名 : リーガルナビ行政書士事務所
住所 : 長崎県長崎市出島町2-11 出島交流会館8F [地図]
TEL : 095-865-6850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-865-6850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

李泳勲(いよんふん)

リーガルナビ行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

(NPO法人の)役員の変更手続をしてもらいました。

先々月、社員総会が開催され、理事長や一般理事、監事の改任...

S・O
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
長崎におけるスナック店営業と、風俗営業許可について!/長崎、佐世保、諫早、大村、風俗許可申請
イメージ

今年の6月23日から、風営法の一部が改正され、新しい風営法が施行されました。施行から3ヵ月、長崎県内でもい...

[ 市民法務~街の法律家行政書士にお任せ!~ ]

風営法改正!特定遊興飲食店の営業許可はお早めに!
イメージ

風営法の一部が改正され、平成28年6月23日から、新しい風営法が施行されます。新しく設けられた「特定遊興...

[ 市民法務~街の法律家行政書士にお任せ!~ ]

目指せ介護起業!時代が求めている放課後等デイサービスとは?
イメージ

ここ数年増え続けている介護起業。社会的意義と経営の安定性から、注目を集めています。また、売上の9割...

[ 介護事業所支援~現場のお悩み解決!~ ]

契約書の重要性!決め事は必ず文書に残す習慣を身に付けましょう!
イメージ

みなさん、日々の生活の中で、たくさんの約束を交わしていることに気がついていますか?友達との会話で、何時...

[ 市民法務~街の法律家行政書士にお任せ!~ ]

長崎で一般社団法人の設立を考えている方へ
イメージ

 最近、その使い勝手の良さと、高い自由度から注目されている一般社団法人。一般社団法人は、「一般社団法人及...

[ 起業家支援~長崎の未来を切り開け~ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ