コラム

 公開日: 2017-11-22 

長崎で民泊ビジネスを考えている方へ♪

2018年6月15日から、住宅宿泊事業法(通称、民泊新法)が施行されます!

日本における観光客の宿泊をめぐる状況を背景に2017年6月9日に成立した法律です。

背景として、観光立国ニッポンを目指すうえで宿泊施設の供給が追い付いていないこと、が第一に挙げられます。

今日は、この民泊新法に基づいて行う、民泊ビジネスについて説明します!

旅館との違い・規制緩和

「人を有料で宿泊させる」ためには、旅館業法をもとに、建築基準法や消防法により細かい決まりごとがあるためハードルが高いものでした。

民泊新法は、それらを緩和する条件として、貸主と借主、貸住宅の近隣住民三に一定のルールを課しました。

①建物の用途が「住宅」でも可能に
旅館業法では、ホテルや旅館は住居専用地域で建築できません。民泊はその専用地域にある「住宅」を提供することができます。

②営業日数180日までが上限
営業ができる日数は1年間の約半分です。

③家主居住型と家主不在型がある
自身が現に住んでいる住宅の一部を貸し出す家主居住型と、投資物件や長期不在で家主がいない場合に1棟丸ごと貸し出す家主不在型があります。


住宅宿泊管理業者とは?


家主不在型の物件を貸し出し場合は、「住宅宿泊管理業務」を行う業者に、管理業務を委託しなければなりません。

この業者のことを、「住宅宿泊管理業者」といいます。

民泊を業として行う場合は、
 ①標識の提示
 ②宿泊者の本人確認・名簿作成
 ③周辺地域への配慮
 ④苦情等の対応
 ⑤これらの定期的な報告
など、適切な管理が求められるため、「住宅宿泊管理業者」の役割はとても重要となります。

住宅宿泊業者とは?

宿泊したい人(お客さん)と、宿泊させたい人(家主)を仲介する業者のことです。

最も利用されている、Airbnbがこれに該当します。

現制度でAirbnbを通じて、お客さんに宿泊してもらうためには、「簡易宿所」の営業許可が必要です。

民泊新法の整備によって、条件が緩和され、民泊専用サイトも増えると思います。

長崎県限定のサイトが登場するかもしれません。


営業日数の制限について

民泊新法は、自治体の条例により「営業日数を制限することができる」としています。

条例による制限がない場合は、年間最大180日となります。

観光客の多い県では、民泊ビジネスのメリットを享受できる一方、

トラブル対応や既存宿泊施設とのバランス等を考慮しなければなりませんので、慎重な動きを見せると思います。

もっとも、一番肝心な、営業日数制限に関する内容はまだ公表されていません。

まとめ

民泊新法における民泊ビジネスが、具体的に動き出すのは来年からです。

現在は旅館業法をもとに検討していくことになります。

今後は様々なトラブルも発生することと考えられます。

一方、観光に来てくださった旅行者から、「また長崎に行きたい」と思ってもらえることは、長崎県民としてとても嬉しいことだと思います。

さらに長崎の空家問題の多少の解決に繋がることも期待できます。

長崎の民泊ビジネスは、当事務所へご相談ください!

当事務所では、経験豊富な行政書士が、相談に対応させていただきます!

相談料 : 3,900円(税込)/回

「民泊」か「簡易宿所」で迷っている方も、お気軽にご相談ください!

この記事を書いたプロ

リーガルナビ行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 李泳勲

長崎県長崎市出島町1-43 ながさき出島インキュベータD-FLAG 106号室 [地図]
TEL:095-800-5100

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

17

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
法律上の手続・相談に、優しく誠実に対応してくれる李泳勲プロ。

国境を感じさせない“街の法律家”(1/3)

 韓国出身の李泳勲プロ。新進気鋭の行政書士です。大学卒業後、不動産会社の営業マン・宅地建物取引主任者として勤めた後、平成25年1月、東京から長崎へ移住。法学部出身で、かねてより法律家としての夢を持っていた李さんは、公務員・資格試験予備校に勤...

李泳勲プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

傾聴を通じた信頼関係の構築と、若手ならではの軽いフットワーク

会社名 : リーガルナビ行政書士事務所
住所 : 長崎県長崎市出島町1-43 ながさき出島インキュベータD-FLAG 106号室 [地図]
TEL : 095-800-5100

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-800-5100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

李泳勲(いよんふん)

リーガルナビ行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

株式会社の設立をしてもらいました!

李さんに株式会社の設立手続をお願いしました。定款作成の時...

I・K
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
長崎におけるスナック店営業と、風俗営業許可について!/長崎、佐世保、諫早、大村、風俗許可申請
イメージ

今年の6月23日から、風営法の一部が改正され、新しい風営法が施行されました。施行から3ヵ月、長崎県内でもい...

[ 市民法務~街の法律家行政書士にお任せ!~ ]

風営法改正!特定遊興飲食店の営業許可はお早めに!
イメージ

風営法の一部が改正され、平成28年6月23日から、新しい風営法が施行されます。新しく設けられた「特定遊興...

[ 市民法務~街の法律家行政書士にお任せ!~ ]

目指せ介護起業!時代が求めている放課後等デイサービスとは?
イメージ

ここ数年増え続けている介護起業。社会的意義と経営の安定性から、注目を集めています。また、売上の9割...

[ 介護事業所支援~現場のお悩み解決!~ ]

契約書の重要性!決め事は必ず文書に残す習慣を身に付けましょう!
イメージ

みなさん、日々の生活の中で、たくさんの約束を交わしていることに気がついていますか?友達との会話で、何時...

[ 市民法務~街の法律家行政書士にお任せ!~ ]

長崎で一般社団法人の設立を考えている方へ
イメージ

 最近、その使い勝手の良さと、高い自由度から注目されている一般社団法人。一般社団法人は、「一般社団法人及...

[ 起業家支援~長崎の未来を切り開け~ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ