コラム

 公開日: 2013-11-14  最終更新日: 2013-11-15

駆け込み需要-住宅を建てるなら今なのか??

消費税の駆け込み需要とかで住宅産業、大繁盛のようです。
しかし、僕にはあまり関係ないようでわりと冷静に見られる立場におります。
で、この状況を見ていると職人不足、物不足で、建設費は高騰しっぱなし。
1割アップはあたりまえ、2割、3割アップの声も聞こえてきます。
マンションなどの駆け込みが多くてコンクリートの小さな住宅は相手にしてもらえない・・・。

でも、よく考えてみましょう。
消費税のアップは「3%」、決して8%アップではありません。。

こんな時期に慌てて建てたって値引きなんか期待できないようにおもいます。少なくとも建設コストは上がっているようです。ましてや職人は引っ張りだこでじっくり仕事なんかできないかも・・・。

この騒動が落ち着いたら供給過多で仕事が少なくなり値段ももとにもどる可能性もあるわけで、消費税が上がってから建てたほうがもしかしたら安上がりにかもしれません。

こんな時はじっくり時間をかけて設計してもらい、3%だけコンパクトな家にするなんていかがでしょう。3%といえば33坪の家で1坪分、2階建てならワンフロア当たりタタミ一枚分の縮小です。
このドタバタが収まるまでは時間があるからその程度はアイデアでなんとかなる気がします。

もっとも、東京オリンピック効果で値段は下がらないかもという人もおります。

急いで工事を考えている方もご自身でいろいろ調べてみるといいかもしれませんね。

この記事を書いたプロ

三浦設計 [ホームページ]

一級建築士 三浦豪介

長崎県長崎県長崎市野母町1487-2 [地図]
TEL:095-834-8018

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
長崎分室 開設
イメージ

まずは連絡用の番号です。基本的にこちらの番号は公開しておりませんでしたが、事務所を不在にすることが増えますのでご連絡はこちらにてお願い致します。長崎市...

作品集(写真およびCG)

作品集(ホームページ)http://miurasekkei.jp/details1.html作品集(facebookベージ)https://www.facebook.com/miurasekkei/photos_stream作品アルバム(facebo...

 
このプロの紹介記事
事務所で新たな設計をプランニング中の三浦さん。

既成概念にとらわれずに、オーナー主体の長寿命住宅をプランニング(1/3)

 「家を建てるなら、こんな建築家にお願いしたい」。きっと多くの人がそう思うに違いない。「三浦設計」の三浦豪介さんは、他には類を見ないぐらい、人が集まり、人が住み、人が暮らす空間を創造することに情熱を注いでいます。住宅に特化した設計事務所の経...

三浦豪介プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

建築への情熱、柔軟な思考力と想像力、確かな現場監理能力。

会社名 : 三浦設計
住所 : 長崎県長崎県長崎市野母町1487-2 [地図]
TEL : 095-834-8018

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-834-8018

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三浦豪介(みうらごうすけ)

三浦設計

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
省エネ建築とコンクリート打放し

これまでコンクリート打放し住宅を何軒も設計してきました。コンクリート打放しのいいところは無垢であること。...

[ 設計 ]

公会堂のこと、ふたたび。署名のお願いです。
イメージ

公会堂を残せる可能性はもう殆どなくなってしまいました。今回の署名活動が最後のチャンスになると思います...

夜の打合せもできます。

今日は福岡のお客様と22時すぎから打合せをはじめて、今、終了です。12時前に終わりました。残業を終え、お帰りに...

[ 設計 ]

リビングに障子を!
イメージ

5月に竣工した木造住宅です。先日、撮影させていただきました。竣工時にはスナップで簡単に撮るのですが...

[ 住宅 ]

コンクリート住宅のこと
イメージ

いま、建築中のコンクリート住宅の階段設置が終わりました。2階のコンクリートを打設して4週間、しっかりとコ...

[ 設計 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ