プロTOP:横山巌プロのご紹介

常に依頼者の立場で誠心誠意応える町の弁護士(3/3)

パソコンに向かう横山弁護士

時代の流れを読み、さまざまなニーズに対応して

 「よくあるのが、『去年来てくれれば』、『もっと早く来てくれれば』というような場合です。例えば、請求権があったのに既に時効となっているとか、年数が経っているから証拠がとれないというケースです。裁判するにしても証拠が必要。時間が経つと、言いたいことが言えなくなってしまうんです」。どうしようかと悩み続けるより、まずは尋ねてみるのが得策です。経済的に難しい場合は、国の法的トラブル解決総合相談所である法テラスを利用してもらうという方法も。横山さんは、それぞれに合った最適な方法を考え、法律的な基準をもとにアドバイスしてくれます。
 「最近は昔と違って、生活相談のような内容も増えてきています。交渉や示談というカタチで、事前に法律問題になることを防ぐことが多くなっていくことが、今後主流となるのかもしれません。今後も、時代のニーズ、依頼者のニーズに合わせて、柔軟に対応したいと思っています」。町のかかりつけ医がいるように、相談できる弁護士さんがいるという感じで、自分では解決できないようなこと、どうしたらいいかなというようなことを気軽に横山さんに相談してみてはいかがでしょう。それはきっと、人生を上手に歩んでいく方法につながっていくはずです。

(取材:2017年2月)

横山巌プロのプロフィール

横山巌プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

会社名 : 横山法律事務所
住所 : 長崎県長崎市魚の町1-5 [地図]
TEL : 095-826-4345

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-826-4345

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山巌(よこやまいわお)

横山法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ