プロTOP:埜中紀郎プロのご紹介

これからの時代にマッチするお墓や石碑を多彩に提案(1/3)

穏やかな笑顔でやさしい印象の埜中さん。

石への熱い思いを注ぎまごころを彫り込んで

 その名のとおり、趣のあるお寺が並ぶ長崎市の寺町通り。界隈には、寺との古くからのつながりを物語るかのように石材店が点在していて、老舗「のなか石材店」もその一角にあります。明治30年に初代が現在地で創業。以来、117年という歴史を築き、長崎市内・県内はもとより九州全域で、3万点を越す記念碑などの石材工事や墓石工事を行ってきました。現社長である3代目埜中紀郎さんが引き継いで約35年。埜中さんの幅広い交友関係が縁で、著名人の記念碑も数多く建立しています。また、それらの功績が注目を集め、新聞、テレビ、雑誌等にも度々紹介されています。お墓は亡くなられた方への遺族の思い、それを理解して形にしていくのが自分の仕事という埜中さん。手を合わせ、先祖を敬う心を大切に、遺族に寄り添う気持ちでお墓づくりを手掛けているそうです。「仕事は丁寧にきちんと、うるさくなくちゃいけない。自分には厳しく、人にはやさしくという接し方で、おろそかにしちゃいけない。お墓は、基礎工事が肝心だから、手を抜いちゃいけない。基礎工事をごまかすと、見た目はきれいでも、年数が経つと傾いてきたり、問題が起きる。そうした先代からの教えをしっかり守り続けているんです」と語る埜中さん。基本に忠実に、歴史と伝統を守り、明日へとつないでいます。

<次ページへ続く>

【次ページ】 確かな技をベースに長崎ならではの石文化を伝承

埜中紀郎プロに相談してみよう!

長崎文化放送 マイベストプロ

明治30年創業の老舗石材店3代目ならではの幅広い知識と技術

会社名 : 有限会社のなか石材
住所 : 長崎県長崎県長崎市麹屋町5-25 [地図]
TEL : 095-824-6571

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

095-824-6571

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

埜中紀郎(のなかとしろう)

有限会社のなか石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ